CSねっと企画合同会社 Tel
072-827-4131
お問い合わせフォーム

お役立ち情報

CSねっと企画では、業界に携わる最新の情報や、CSねっと企画合同会社の活動状況を2週間に1度メールマガジンにて発信しています。無料にてご購読いただけますので、ご購読下さいませ。

メールマガジンのご登録はこちらから

今までお送りした情報

ケアマネジャーは何を担う職種なのか
地域共生社会とリンクさせて再考する
「人の役に立ちたい」「介護職の中心的な仕事に携わりたい」という気持ちから、将来はケアマネジャーになりたいと考え、現在学校に通い勉強をしている方も多いのではないでしょうか。自分の行動次第で利用者を笑顔にしてあげることができるということでもあります。ケアマネジャーでないと行うことができない業務は多々あり「「私が利用者を笑顔にケアプランをたてる」という責任感をもって仕事を進めることができるという点もケアマネジャーの仕事の魅力であると言えるのではないでしょうか。
2020年02月16日
医療施設の設立形態
日本における医療機関とは、医療法で定められた医療提供施設のことで、病院、薬局、訪問看護ステーション、二次検診、義肢採型指導医の機関です。病院、診療所、介護老人保健施設、調剤を実施する薬局その他の医療を提供する施設ですね。誤解が多いが、整骨院・接骨院・鍼灸院・カイロプラクティック・整体院などは疑似医療行為による施術所であり、医療機関には該当しなのです。
2020年02月16日
女性の生活満足度を高める要因は何か?
女性の生活満足度は、収入や資産は多い方が(これは男性、女性を問わないのでは)、未婚より既婚で、子どもはいる方が、実家や義理の実家と程良い距離を保った方が、時間のゆとりや体力はある方が足度が高まるのは当然のことでしょうね。 年齢とともにライフコースを変えることは難しくなりますが、日々の生活に対して折り合いをつけて、前向きな姿勢を持つことにつながるのではないでしょうか。
2020年02月16日
「上手な医療のかかり方」はどこまで可能か
かかりつけのお医者さんを持ち、気になることがあったら、ま ずは、かかりつけ医に相談!必要に応じて、高度な医 療が受けられる病院に紹介状を書いてもらうことができます。 かかりつけ医は、あなたの生活習慣、家族背景も分かったうえ で、あなたに一番あった治療方法について、相談にのってくれる 強い味方といえるでしょう。 治療方針 やその効果などを納得いくまで説明してくれる、かかりつけ医と 信頼関係を築くことが大切といえるでしょう。もし、セカンドオピニオンを受けたい時は、現在の主治医に申し出て、 紹介状を書いて もらいましょう。
2020年02月16日
年金改革ウォッチ 2020年2月号
年金額改定の仕組みと見直し
厚生労働省は厚生年金をもらいながら働く65歳以上の高齢者の年金額を増やす仕組みを導入する。現状では退職時まで行われていない支給額の見直しを毎年実施するように改め、それまでに支払った保険料を反映して増額する。高齢者の就労を促す狙いがあるようです。働く高齢者が増えていることを踏まえ、働き続けて保険料を支払っている高齢者は見直しの頻度が増えるほど年金の額も増えることになりまう。働く低所得者の支援につながる効果を重視して見直すことにしたようですね。
2020年02月16日
「治療と仕事の両立支援」が紡ぐ未来への活力
治療と仕事の両立に向けて患者・医師・企業などのコミュニケーションを円滑にサポートする両立支援コーディネーターの育成研修も実施されています。
また、各都道府県47か所にある産業保健総合支援センター(さんぽセンター)では、がんなどの患者さんが仕事を継続できるように様々な支援サービスを無料で行っています。さんぽセンターで検索!
2020年02月02日
「情報銀行」に期待すること
個人データを預ける私たちは、そのデータを利用したい企業等から何らかのメリットを受けることとなります。例えば、私が「情報銀行」に個人のプロファイル情報(性別年齢、住居地域、学歴、職業等々)や運動量、健康情報、外食サービス利用履歴情報等を預け、企業への利用を許可しているとします。すると、データ分析により「外食が多い」等の情報が食品メーカー、外食産業等が様々なマーケティングをする可能性が考えられます。こうして企業と個人のwin-winの仕組みで、情報の活用により企業がさらに個人のニーズに適合したサービスを提供できるようになるため、私達の生活はより便利に改善されていくことも期待できそうですが?
2020年02月02日
生活保護と医療・介護
今後、生活保護を受給する高齢者はさらに増加することが予想されています。一般に高齢者は医療や介護を必要とすることが多いことから、医療扶助や介護扶助が増大していくことが考えられ、高齢の生活保護者への介護の提供体制を堅持することは、人々が安心して暮らすことのできる社会を構築するうえでのカギであるといえるのでは。
2020年02月02日
所有から利用へと変わる消費
先日ニュースで、洋服は買う時代からリースする時代だと!今、若者世代の消費の変化の中で、もう一つ目立つのは、モノを「所有しない」人が増えていること!その象徴ともいえるのが、シェアリングサービス。収入が限られていても、借りて「利用」するなら手ごろな価格で楽しめる。可処分所得が減る傾向にある若年層は、そんなサービスに強い関心を示しているようです。
2020年02月02日
デジタルメディスンの衝撃
世界初でもあるデジタル・メディスンの開発は、日本の大手製薬会社の世界初のことに挑戦で無理だといわれていた課題を自分たちの力で解決して結果が出るまで挑戦し続けてきた結果と大きく評価されています。
デジタル・メディスンが誕生した背景は、飲み忘れや病状が軽くなったと思いこむなどの理由で、服薬を継続しない脳の疾患を抱える患者が全体の4割もいることだった。再発し、重症化する患者自身や、サポートをしている家族、介護サポート者や医師などの苦労を知り、「服薬の中断による病気の再発に対して何かできないか」と言う事で研究が始まったようです。
2020年01月19日
2020 年度の社会保障予算を分析する
消費増税で得た財源を社会保障の充実に充てるという、当初の目論見通りの内容だったものの、全世代型社会保障改革には課題を残したもののようですね。
2020年01月19日
「小粒」に終わる?次期介護保険制度改正
人手不足によって一部のサービスを中心に過剰な業務負担が生じていることから、介護の現場の効率化は不可欠で、介護事業ではペーパーレス化に伴うICT化が求められており、医療・介護連携、さらに科学的な裏付けに基づく介護を確立していくことを検討をしなくてはならないと考えます。
2020年01月19日
年金改革ウォッチ 2020年1月号
~ポイント解説:公私年金改正案の要点と課題
日本の最大の課題は、急速に進む少子高齢化をどうやって乗り切るかということです。そのためには社会保障制度の費用対効果と持続可能性を高めなければいけないと、私は思っています。
2020年01月19日
スポーツ医学の効用
健康づくりに向けて、どう運動すべきか?
ごく最近までスポーツ医学といえば、競技選手を対象にするものばかりと考えられていましたが、最近は健康ブームのためか、健康スポーツに関する要望も高まり、やっと一般市民対象の健康スポーツの存在も認知されるようになり、一般市民にも医学界関係者にもスポーツ医学が正しく理解されるようになってきたように思われる。

2020年01月19日
医療と介護の国・地方関係を巡る2つの逆説
分権改革20 年の節目の年に
団塊の世代が75歳以上となる2025年を考えれば、在宅医療・介護の推進、医療・介護従事者の確保・勤務環境の改善等が急務の課題といわれています。長野県のように医療費の削減に成功した例はあまり聞きませんが見習うべきなのでしょう。日本では介護というと、どうしても医療からの発想になりがちで、手助けよりも治療という対処に傾きやすいのでは。
2020年01月19日
「小粒」に終わる?次期介護保険制度改正
とりあえず「要介護1と2の生活援助」だけを介護給付から切り離したうえで、それを橋頭保として、徐々に地支援事業化するサービスを増やしていくのでしょうか?「軽介護者の通所介護」については、ひとまず介護給付サービスとして残し、市町村には急ぎ、「軽介護者の通所介護」を介護給付から切り離した際に、その対象者が通って使えるサービスの場を創るように促し、次期報酬改定もしくは制度改正時に、「軽介護者の通所介護」を地域支援事業化しようということが見え隠れしているように思えます。どちらにしても「軽介護者の通所介護」は、いずれ介護給付から外れることは間違いのないのではないでしょうか。
2020年01月05日
モノ消費に見えてコト消費
ステイタスよりも個人的な体験
モノ消費からコト消費への変化の背景には、日本国内における消費の成熟化ということでしょうか。「三種の神器(冷蔵庫、洗濯機、白黒テレビ)」や「3C(カラーテレビ ・クーラー・自動車)のような商品は人々の生活を豊かにするもとして、多くの消費者に選ばれました。しかし、現在ではそのような必需品はほとんどの人に行き渡っています。その結果、機能的な価値を提供するだけでは消費者に選ばれにくくなってきているのでしょう。また、訪日観光客が、家電や生活雑貨のようなモノではなく、温泉巡りや着物体験などのコトを楽しむようになってきているようです。
2020年01月05日
2020 年の暦など(祝日と太陽・月の様子)
国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食などが掲載されています。
2020年01月05日
2020年の消費について考える
オリンピックやデジタル化、暮らしの構造変化 増税後の消費者の節約志向が根強く残るとすれば、オリンピック・パラリンピックという限定された期間だけのために高額なモノを買う消費者は多くないのかもしれないですね。しかし、混雑に伴う需要によっては、「イエナカ消費」が期待できるかもしれません。猛暑の中で、会場付近は交通機関の大混雑が予想され、混雑を避けて家の中にこもりたいという消費者も少なくないでしょう。自宅での食事や娯楽を楽しむためのイエナカ消費もじわりと盛り上がる可能性はあるかもしれません。
2020年01月05日
介護用お名前シールご紹介
持ちもの管理の決定版!!!
持ちもの仕分け、紛失トラブルの減少など作業の効率が格段にアップします。
2019年12月22日
年金ストラテジー(戦略)社会保障における公平とは
厚生労働省は「負担の公平」をかかげ、「所得の少ない人は保険料を安くし」、「比較的経済力がある人への特例は段階的に縮小する考え」だそうです。年々増える年金の負担に嫌気がさし、「国民年金は払わない。老後、生活ができなくなったら生活保護を受ければいい」と考える若者もいるそうです。私たちは、社会保障制度及び財政が直面する厳しい 状況を理解し、制度を後世に引き継いでいくためにはどういう責務を果たすことが必要 かを考える時期に来ているのでは!
2019年12月22日
被用者の心身のストレス反応(基本属性による違い)
一般的に管理職は、仕事量や質の面でのストレスが高い傾向があります。しかし、ストレスは純粋な仕事面だけでなく、収入や希望する働き方かどうかという面からも影響も受けますし、一般的に女性のほうが収入は少ないですが、収入が少ない人はストレスが高い傾向があるとも調査報告もされています。
2019年12月22日
生命保険のついで買い
生命保険加入チャネルと人生のターニングポイントとの親和性
「よくわからずに加入してしまった」「内容を把握しないまま年を重ねてしまった」なんてケースも実は少なくありませんね。人生の節目や転機を迎えるごとに、必要な保障も大きく変わるため、重要なのはいまの自分に必要な保障内容を把握することでしょうか。
2019年12月22日
2017 年婚姻届における初婚男女の年齢組み合わせランキング③
昨今、以前のような形式のお見合い結婚が減っているにもかかわらず、草食男性は女性にアタックしようとは考えない方が多いようです。なぜなら草食男性は、独身の方が気楽で自由だと考えているからです。これは社会の風潮も影響していますね。昔は結婚しないと社内で一人前と認められず、昇進にも影響しましたが、それが今では多様性という考えが一般的になり、独身でも昇進には影響しません。結果として草食男性は、独身のまま40代になるのです。40代になっても草食男性は「20代のかわいい女性なら結婚しても良いかも♪」などと考えている人も多く、結果として、40才女性の未婚率が急増しているようです。
2019年12月22日
どの国よりも健康でありたい日本 
~引退年齢と健康寿命の国際比較~
きっと高齢者はより長く働かなければ ならない時代になるでしょう。社会保障制度も大 きくかかわってくると思います。寿命の伸びにより引 退期間が長くなるために、より良い医療を受けるためには医療費が高くなることを認識し、それ に備えなければいけないでしょう。そして、労働力 として長くとどまるようにしなければいけないと思います。
2019年12月08日
骨髄提供者(ドナー)に対する保障を提供する保険商品
血液の病気を根本的に治療する有効な方法が、患者さんの骨髄を、健康な人(ドナー)から提供された骨髄に置き換える「骨髄移植」です。骨髄・ 末梢血幹細胞の提供を行う方の負担を軽減し、先端医療の普及に貢献するこ とを目的とした保険が多く出ています。ドナーの方に少しでも安心してもらえる環境を作り、ドナー登録への理解促進に繋がるでしょう。
2019年12月08日
ケアマネジャーは何を担う職種なのか
ソーシャルワーカーは医療、介護、教育など社会福祉全般を対象にしています。一方、ケアマネジャーは介護を専門とし、介護保険制度にもとづく介護プランを提案することを役割としています。ソーシャルワーカーとして働く方は社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持つ方がほとんどですが、どちらも国家資格です。ケアマネジャーは各都道府県が認定する公的資格であり、その点でも大きく違いますね。
ケアマネジャーは社会福祉士の受験資格で実務経験として認められるため、ケアマネジャーから社会福祉士を目指す人も多いようです。
2019年12月08日
2017 年婚姻届における
初婚男女の年齢組み合わせランキング①
-なぜ結婚希望が叶わないのか-
令和時代の男女年齢ゾーン別組み合わせ発生状況
男性の初婚年齢が上がるほど出生率は下がっており、その度合いは女性と変わらずシビア!出生率に影響するのは、20代後半から未婚者数が女性を大きく上回る男性のほうが、むしろ年齢を気にすべきかもしれません。子どもが欲しいのであれば、結婚時期を早めることが必要!!
2019年12月08日
入院の短期化
平均在院期間短期化の背景には何があるのか?
政府は来る高齢化社会において、高齢者の入院が長引きやすく病床が足りなくなる可能性に着目し、入院日数をできるだけ短期化できるような施策を打ち出しました。生活習慣病の予防とともに、急性期には大病院に入院し、小康を得たら地域の診療所に通院してケアを受ける、場合によっては家庭で訪問診療を受けるなど、医療機関の機能分化を進めています。今後も医療技術はどんどん進歩していき、国の施策も続いていくでしょう。そのため、入院日数の短期化は避けられないでしょう。
2019年11月24日
「モラル・マシン」の衝撃
― あなたの倫理観を見える化する ―
トロッコ問題は思考実験は永遠の問題ですね。しかし、当然条件には色々と制約があり、現実にそのまま適用することはできないし、思考実験は現実を考える上で議論の材料にはなりますが、そのまま現実に適用するものではないですね。まずは人間の事故率よりも低い自動運転車を開発し、それを出来る限り早く市場に普及させることが多くの人命を救う事に繋がるでしょう!
2019年11月24日
次期年金改革のバランス感覚
この在職老齢年金制度の見直しは、年金支給額を逆に増加させ、将来世代の給付水準の低下につながり、高額所得を得ている高齢者の年金給付額が、むしろ増額される見直しをすることについて、現役世代の理解は得られるのでしょうか?
2019年11月24日
人口減少社会データ解説
「なぜ東京都の子ども人口だけが増加するのか」
東京一極集中を是正するためには、東京圏への転入超過数の増加は男性よりも女性による影響の方が大きいことを踏まえると、女性にとって魅力のある地域づくりをすることが必要です。地方の仕事や暮らし等の魅力について、情報を発信する必要があるのではないでしょうか。
2019年11月24日
積み立て方式は世代格差の解消につながるのか
年金制度の積立方式の移行は、 積み立てが完了した後の世代は所得増が期待できる点から、未来の世代に負担を押しつけるこ とのない、責任ある政策かもしてません。
2019年11月24日
年金改革ウォッチ
ポイント解説:公私年金と年齢との関係の見直し
今は65歳から1カ月早めるごとに0.5%減り、遅らせるごとに0.7%増えるということで、70歳まで働く高齢者を増やす雇用改革を目指しいまますが、済学では長期よりも目先の利益が重視されやすいとされ、年金の前倒しの受け取りが増加する可能性あると考えているようです。
2019年11月10日
公立病院の具体名公表で医療提供体制改革は進むのか
厚生労働省が病院名のリストを公表したことに対し、地方側は「地域の住民は不安を感じているようです。全国424公立病院は一律の基準で出されたのですが、北海道のように住民が分散している地域もあれば、都会のように集中していることころもあり、高齢化の状況も地域で異なるので一律の判断は難しいのではないか。
2019年11月10日
今年はインフルエンザの流行が早い可能性
今年、異例の早さでインフルエンザが流行しているようです。国立感染症研究所は、例年より2か月近く早く全国的な流行になる可能性があるとして、手洗いなど対策の徹底を呼び掛けています。流行の背景を取材すると、開催中のラグビーW杯も関係しているかもしれないことがわかってきました。
2019年11月10日
認知症施策の「神戸モデル」は成功するか
「神戸モデル」とは、認知症の方やそのご家族が安心安全に暮らしていけるよう、認知症の早期受診を推進するための「診断助成制度」と、認知症の方が外出時などで事故に遭われた場合に救済する「事故救済制度」を組み合わせて実施し、その財源は、個人市民税均等割の上乗せ(令和元年度から令和3年度に1人あたり年間400円)によってまかなう、全国初の取組みで、平成31年4月1日より本格実施しています。認知症の人を家族抱える方としてはとても助かる政策です。しかし、資金が潤沢と言われる神戸ですが、これを継続することができるのでしようか。実施したくても、資金面で無理な市町村の方が多いとおもうのですが。
2019年11月10日
2019年公的年金財政検証(将来見通し)のポイント
現役世代が高齢になって年金を受給する頃には、子どもなどその下の世代が納めた保険料から自分の年金を受け取ることになります。年金制度を維持するにはどうすれば良いのかを考える貴重な機会としてとらえなければいけないのではないでしょうか?
2019年10月27日
退職後に生活水準の低下をどう防ぐか?
就労延長による生活水準の低下を抑制する効果を勘案してもなお、およそ50代の3割程度は生活水準が低下する可能性が極めて高といわれています。フランスのような子育て支援を早急にしなければ間に合わない!
危機的状況です。
2019年10月27日
医師の分布構造
現体制のまま医師の勤務時間を会社員並みにするには、医師を増やさねばならず、経営的にも、また医師不足という現状からも実現性は低ようです。現実的には、いかに医師の仕事量を減らす策を考えなくてはならないのではないでしょうか。
2019年10月27日
地域共生社会へ向かうリハビリ提供体制
以前は、「おせっかい」が当たり前であり、隣に住む人などが話し相手とな り、課題を抱えていれば、相談を受けたり、相談機関を紹介したりするとい うことが自然な状況でした。しかし、現在では、核家族化や都市部への人口 流入、ライフスタイルや価値観の変化し、地縁は希薄になっり、このような課題が浮かび上がっているのように思えます。
2019年10月27日
年金改革ウォッチ 2019年10月号
多様な就労形態や働き方に対応できる中立的な制度を見直す必要があ る時期かもしれません。それに、短時間労働者に対する将来の所得保障の対策や、公的年金財政の安定化という点 からも、適用拡大を進めていく意義は大のかもしれません。しかし、社会保険料負担の増加を懸念する企業等に配慮もいるのでは?
2019年10月13日
医療・介護分野のデータ利活用による新たなサービスが2020年度稼働
~「データヘルス改革」の進捗と展望
データヘルス改革とは、ICTを活用した健康管理・診療サービスの提供や、健康・医療・介護領域のビッグデータを集約したプラットフォームを構築していく厚生労働省の戦略で、世界最高の26%という高齢化率を背景に、日本は効率的な医療提供体制の整備の必要性に迫られており、データヘルス改革は、保健医療サービスを国民が効率的に受けられる事を目標にしているそうです。しかし何十年か先の日本のあるべき姿を考えながら進めることも大事なのではないでしょうか。
2019年10月13日
就労延長で老後の生活水準はどうなるか
「悠々自適の老後」、そういえば、昔はそういう言葉もありました。政府は、骨太の方針を決定し70歳まで働きたい人には、企業が雇用の機会をつくるよう法律で努力義務を課す、という方針を打ち出しました。人口減少が進んで働き手が減る以上、高齢者にもっと働いてもらうしかない、というわけですが、気を付けないと、低賃金で働かされたり、不本意な仕事を強いられる、ということにもなりかねませんね。
2019年10月13日
中高年単身者における備えとしての健康づくり(2)
~ 自分の健康を気づかってくれる人・
自分が健康を気づかう人の認知状況に注目して ~
年齢にかかわらず、できるだけ長く働き続けることでしょうか。加えて長い将来を見据えれば、加齢にともなう身体・認知機能や就労能力の低下を補うため、心身の健康の維持・増進やスキルアップなど経済面以外の備えについても考えていくこと大事なのではないでしょうか。
2019年10月13日
除菌タオル製造機と紫外線殺菌・遠赤外線乾燥器のご紹介
①衛生環境の大幅な向上
②職員の皆様、入居者様、お客様などのイメージの大幅アップ
③職員・従業員の皆様の労力の大幅な軽減
④コストの確実な削減
是非一度ご検討をよろしくお願い致します。
2019年09月29日
介護ロボットの導入・活用への着実な取組
東京都の「次世代介護機器の活用支援事業」への取組
世界で最も低い出生率と最も高い平均余命の結果が生み出したものが、現在の日本の超高齢化社会なのです。そこで、介護職の人手が足りていないため、介護ロボットの需要は高いものとなっています。今後も高齢化が進んでいくことを考えると、その需要はさらに高まっていくでしょう。しかし今、介護ロボットができるのは単純な作業のみであり、要介護者一人を任せることができないということ、開発されている技術と介護者や要介護者のニーズがかけ離れているということなどが挙げられます。代替できる作業はロボットに任せ、人らしい温かさを要求する部分を人間がやるということを実現することができるのではないでしょうか。
2019年09月29日
日本でよくみられる症状と病気
自覚症状がなければ、まず様子をみる?
「様子を見ましょう」というのは、診療科によらず医師の常套句(じょうとうく)といえますね。患者さんは自分で様子を見ていて、何事もなければ、様子を見たいと医師のところに行ってそれを報告するのもよいし、医師の言葉の裏にある「何事もなければ放置してよい」医師の心理が働いている気がします。もちろん全ての医師の方がそうと言う意味では無いのですが・・・
2019年09月29日
中高年単身者における備えとしての健康づくり(2)
誰かが自分の健康を心配してくれているという自覚が、自分の心身の状態や、健康のために何かをしようとする意欲に結びつくと言われています。単身者の場合、将来の健康を維持するためにも、お互いの健康を気にし合うような「友人」や「パートナー」を作ることから始めた方が良いのかもしれませんね。
2019年09月29日
公的年金だけで期待できる生活水準を考える
50年前を思えば、寿命は大幅に伸び、科学技術の発展などによって経済は成長し、賃金や 国民の生活水準も向上してきました。今後も生活水準が向上していく中で、 貯蓄した財産だけでは、生活水準の更に向上した将来の社会で、生涯、 従前の生活と大きく変わらない生活を送ることは通常難と言われています。
2019年09月15日